解体工事が進んでいます@城南区七隈

家づくり勉強会も盛況で、そのあとの連続での打ち合わせが続きまして、ブログ更新も滞っておりました竹内正浩です。

忙しいという雰囲気を醸し出さない感じで、ヒマっぽく感じるようで、それでいてなかなかに忙しいんですが、改善をはかりたいと考えております。優先順位ですよね。

さて、竹内の趣味物件ということで、更新頻度もなかなかに高いです城南区七隈の家。

解体工事が進んでおります。

ほぼほぼ解体工事終わってますね。

解体工事は結構、産業廃棄物というか解体ガラというか、捨てるゴミというか産廃が出ますね。

既存住宅の基礎の部分とかも掘って壊して処分します。

かつての住宅は布基礎と呼ばれる部分的な基礎だったので、そこまでコンクリートがドバドバ出る感じじゃないですね。

現在の一般的な木造住宅の基礎はベタ基礎と呼ばれる、全面的に鉄筋コンクリートを打ってしまうので、壊そうと思うとなかなかに大変で、かつ、コンクリートガラが出て大量に産業廃棄物処分しないといけないくらい、きちんとつくられてます。丈夫ですね。

今度、地盤調査と地鎮祭します。

竹内

ジャニス工業(Janis)のトイレを検討しています

お客様のための資材購買部長、竹内正浩です。

飽くなき値切りで、取引業者と微妙な空気になることも、ままありますけれども、お客様のためと思いまして頑張っております。

さて、今回はジャニス工業(Janis)のトイレを検討しにショールームというか事務所に行ってきました。

ジャニス工業九州ショールーム

「えっ?ここが」

という御笠川のマンション1階事務所で、かつ「来る前に電話ください。基本いません」的な立ち位置。まさに、でんホームっぽい、少人数運営がひしひしと伝わってくるスタンス。

そんなこんなで見てきました。

ジャニス工業という名前は非常に認知度が低く、ご存じないと思います。

一応、シェアはTOTO、LIXILに次いで第3位とのこと。歴史も長く、衛生器具メーカーとしては、それなりの立ち位置。

メリットは純粋に安いんですよね。

品質もきちんとしているみたいです。

ただ、TOTOやLIXILみたいにお金をすっごいかけたショールームがあるわけではないですし、CMもないので認知度低いです。

アフターも提携業者あるそうなので、それなりにきっちりはしてますが、少人数なので、でんホームよろしくフォローが手厚くはないですね。

トイレも耐久消費財ですので、割り切って、コストダウンするにはいい商品かな、と。

とにかく、タンクレスでありながら、安いんですよね。

今後、いくつかの物件でジャニス工業のタンクレストイレを採用する予定です。

他にも色々と動いてます。

竹内(資材購買部長)

『トモワ先生と!おでんの季節が楽しみになる博多風おでん教室』を開催しました!

現在NHK文化センター講師で、家庭料理研究家の門田トモワ先生に、おでんの季節が楽しみになる博多風おでんの作り方を教わりました。

11月とは思えないほどの暖かい秋晴れでした!

準備の時からでんさんちはお出汁のいい匂いが漂っていました。

着々と下ごしらえが進んでいきます。

アレルギー対応のためにお鍋2つで調理してくださっています。

「トモワ先生が必ず入れてくださいね〜」っと言われていたお出汁には欠かせない食材は、ご家庭で絶対に試していただきたいです!

写真に写っているから分かってしまうかも?!笑

さぁ、いよいよ始まります。

お客様は皆さん小さなお子様連れの若いご夫婦ばかりで、とっても賑やかです。

みなさまのご家庭ならではのおでんの具ってありますか?

この日は、手羽先・ウインナー・じゃがいも・餃子 などなど、色んな具材が出ましたよ。

トモワ先生オススメの練りものや生麩が綺麗に並べてあるだけワクワクします。

皆さん、お料理の事以外にも、先生が使われている調理器具やお鍋などについて熱心に質問されていました。

特に土鍋談義に花が咲いていたようで、先生曰く土鍋は一生モノを買った方が良いとの事でした。

いよいよ出来上がりが近づいてきましたよ〜!

トモワ先生からも、でんさんちのキッチンはとっても使いやすいというおっしゃっていただいています!

こちらは、おでんが出来る間、お家作りのあれこれについて話が盛り上がる男性陣です。

子供たちは1階の小上がりスペースで遊んだり

2階の託児スペースで遊んだり

みんな自由に楽しんでいます。

そして、最後にみんなでおにぎりを握ります。

器によそって軽く振るとご飯が丸く形作られていきます。

このような些細だけどすごくためになる料理のコツも沢山教えていただけます。

いよいよ、いただきますの時間です。

ご家族みんなで晩ごはんとして召し上がっていただきます。

盛り付けも彩りもさすがです!

すごく美味しそう!

美味しさと栄養どちらも兼ね備えたおにぎり。

最初はお話し声が聞こえていましたが、ふと気がづくと静かになって、皆さん夢中で召し上がっていました。

おでんあるあるでしょうか?!笑

皆さん、おでんのおかわりもされ大好評でしたよ!

外の寒さを忘れるほど、でんさんちはあったかくて落ち着きます。

これから寒くなる時期にはおでんで温まりましょう。

トモワ先生、ご参加いただいた皆さまありがとうございました!

亀山建築さん御一行に来社いただきました!

住宅建築業界と言いますと、やはり同業者という感覚もありまして、なかなか同じエリアの工務店、住宅会社とは仲良くすることは少ないように思います。本当はもっと仲良くさせていただければというスタンスなんですが。

一方でエリアがバッティングしない工務店や住宅会社とはすぐに仲良くなりやすいのもありますね。

ほぼ同じことをしていながらも、競合しないので。住宅建築は超地域密着ですよね。施工する人が住んでいるエリアという制約を受けるのでなんだかんだでその土地の地元の人、せいぜい1-2時間圏内が限度で、そこに住む人たちで作り上げるものだからです。

そんなこんなで、先日浜松に行った際に知り合った亀山建築さんの御一行来社いただきました!

亀山建築さんは茨城県水戸市でお仕事されています。

亀山建築さんホームページ

社屋を今をときめく建築家、伊礼智さんに設計いただいています。近くに行く機会あれば、伺いたいですね。

亀山建築さんホームページより

伊礼さんがまだここまで売れっ子になる以前らしいので、すぐに仕事に取り掛かってもらえたとか何とか、、、

落ち着く感じですよね。

伊礼智さん設計の社屋。すごい高いっぽいですね。金かかってないようで、お金かかってます。

茨城県水戸市は県庁所在地でありながら、より東京に近いエリアに勢いで負けているそうです。いかに東京が魔力を持っている存在かわかりますね。

色々アラも見えたかと思いますが(笑)、亀山建築さんのお話も参考に大変なりまして、ご来社いただきながらも、私どもが教わることとなりました。ありがとうございました!!

竹内

11月のランチMTG!

本日は月1回のランチMTGでした~

DCIM0619社長の希望で、MTG前にラジオ体操第2(ぶれてる・・・)

普段PC作業や家事などで身体が凝っているスタッフは
「あ~伸びる~」
「年のせいかしんどい~」
と、にぎやかに身体を動かしました(笑)

MTGでは、新人さんの紹介や、
来年はここをどうにかしたい~!と
色々意見が出ました。

DCIM0620お弁当は鳥飼のギャルソン

おまかせのお弁当はボリュームもあって
美味しかったです!

昼食のあとは、希望者で社内勉強会をしました。

担当は竹内講師。

講師の得意分野、専門分野の話をする勉強会でしたが、
これが、本当~~に、勉強になりました!!

多分、普通ならお金を出して聞くレベルの話でした・・・

次回は私が講師ですが、
最近面白いと感じたものや、
便利だと感じたもの、
あれこれうわさ話など雑談になりそうです。
少しでもお役に立てると嬉しいな~

ニシオ

扁桃腺炎でダウン。。。寝れていません。点滴しました。

ブログに書けてない、本当に色々なことが日々起こっています。

そのようななかで、僕だけ一時停止しないといけない状態です。

ノドの痛みから「あやしいな」という流れからクリニックに行きまして、診断していただきました「扁桃腺炎」。

炎症を抑える薬、抗生物質、痛み止めを処方されまして、戻りました。昨日の時点で後半は寝込んでいたんですね。

ダルい、キツい、ツラい。。。

そうしてはいたんですが、炎症がひどくて気道が圧迫されるもので、寝入れないんですね。なので、寝てません。

「これはヤバい」

というわけで、2日連続でクリニックに。

点滴でーす。

僕は注射が大っ嫌いなので、超しぶしぶ。

ただ、現状よりはマシか、というわけで点滴。

マトモに点滴なんて、下手したら人生初?

めったに点滴なんてしませんので、記念撮影。

さすがに血中にダイレクトに薬剤投入なので、効きがいいように思います。

竹内

新しい家づくりがはじまります@福岡市城南区七隈

何か月かの打ち合わせを経まして、ようやくスタートするのが家づくりというもの。

色々な変更、決定を経て、ようやく注文住宅は建設がスタートされます。

さて、福岡市城南区七隈にてようやく家づくりがスタートします。

この「(仮称)七隈の家」は竹内が主導となってデザイン、仕様を決めていく、勝手に僕が決める(笑)「お任せアーキテクトプラン」です。

別名、竹内趣味物件です。

竹内が勝手にするので、趣味のような仕事の物件です。

デメリットは「希望は言えるが、叶うとはかぎらないこと」、「細かいところは変更の希望は言えるが、基本的に無視されること(笑)」、「竹内が良いと思うように建築されること」です。

メリットは「高いグレードの仕様を採用されること」「普通はできない仕様、デザインが採用されること」「超高級なものも、必要なら竹内の努力で最安で採用されること」という最高のコストパフォーマンスを持つのがこの「お任せアーキテクトプラン」です。

最終的にかぎりなく良いグレードを目指しますので、見積りは出ません(笑)。

プランと建物総額は出ますが、細かい仕様や詳細は出ません。

なぜなら、ギリギリまでコストパフォーマンスの高いものを探して、かつ、コストダウン交渉するからです。最初から仕様決めてたら、コストダウンできないですからね。時間ないですし。

勝手に決めるので、ご不満あるかとは思いますけれども、最高のコストパフォーマンスをお約束しますので、ご不満は受け付けておりません(笑)。

そんな「お任せアーキテクトプラン」をお選びいただいたというか、選ばせたというか、流されたというか、建主のH様。

新しい最高のコストパフォーマンスの快適で、風格ある家が出来上がるものと思います。

まずは解体からですが。

竹内

11/3(金・祝)トモワ先生のおでん講座を開催します!

先週は外出が多く、外で昼食をとる機会が多かったニシオです。

DCIM0544ロイヤルホストの日替わり

でんさんと打ち合わせ(おしゃべり?)を
しながら美味しくいただきました(^o^)

DCIM0545合同庁舎のカフェランチ

530円くらいで、ボリュームいっぱいでした。
味も良く(九州の濃いめの味付け)食べすぎました・・・(笑)

さて、10月に入っても日中はまだ暑いな~と感じていたところ、
週末あたりから急に冷えて寒くなりました。
慌てて秋物に衣替え、毛布も準備!

寒くなってくると食べたくなるのが、
お鍋でグツグツ美味しそうな煮込み料理!

大根やお豆腐、こんにゃくなども入って、
栄養バランスも良く、味も優しいおでんは、
寒い冬の大事なメニュー。

残席残りわずかですので、お早めにお申込みください♫

~11月3日 (金・祝) トモワ先生と!おでんの季節が楽しみになる博多風おでん教室~

現在NHK文化センター講師で、
家庭料理研究家の門田トモワ先生に、
おでんの季節が楽しみになる博多風おでんの
作り方を教わります。
~教室の内容~
・たいせつにしたい具材の下ごしらえ方法
・おでんに合う お出しと味付け
・お出汁がしみ、それぞれの味を引き立てる煮込み方
・澄んだお出汁のまま楽しむための具材やお出汁の追加方法
みんなで、失敗談も含め、わいわいとおでんについて
語り合いましょう。
料理の楽しみを伝えて10年以上の子育て中のお母さんでもあるともわさんに、いっぱいヒントをもらえるはず(o^^o)
しっかり作ったら、みんなでおでんの試食(o^^o)
晩ごはん代わりに、家族一緒に召し上がっていただけます!
自己流のおでんを、今シーズンから少しグレードアップ
してみませんか?
————————————————
【開催場所・受講料など】
・開催日時:2017年11月3日 (金・祝)
・15:00~19:00ごろ
・開催場所:でんホーム鳥飼モデルハウス
・福岡市城南区鳥飼7-13-1
・受講料:4,000円/人 (材料費も含みます)
・ご家族の食事追加:大人:2,000円 /人
・5歳~小学生1,000円/人
・定員:6組(要予約) ※受講者のご家族の参加も可能です
(事前入金制・ご入金にてお申込完了です)
作ったおでんをみんなでいただきます!
赤ちゃんやお子さま連れも大歓迎です!
当日はベビーシッターさんもいらっしゃる予定ですので、
お子様連れでも安心していらしてください。
おむつや、ミルク、いつも遊んでいるおもちゃ(書く物以外で)をお持ちください。
・託児:当日+500円/ひとり お願いします。
・持ち物:エプロン おはし お手拭きタオル お飲物(各自)
・当日駐車場が間に合わない可能性がございます。
・できれば公共交通機関等でお越しください。
————————————————
【ご予約方法】
・でんホームHPお問い合わせフォーム
・092-862-0010、藤本もしくは竹内にメッセージ
いづれかの方法で
・お名前・連絡先・参加人数(お子様年齢も含め)
をご連絡ください。
※練り物に卵、具材に鶏が入っている為、参加者のアレルギーの有無をお知らせください。
※材料の調達やお料理の準備などがありますので、
ご連絡もなく当日参加しないということはご遠慮ください。
————————————————

お待ちしております!

オーダーキッチンの選び方:ショールーム巡り(TOTO、クチーナ、リブレ、キッチンハウス)で、オーダーキッチンの感覚をつかむ

オーダーキッチンの選び方:ショールーム巡り(TOTO、クチーナ、リブレ、キッチンハウス)で、オーダーキッチンの感覚をつかむ

本記事は「竹内正浩の研究ノート」ブログに移動しました。

オーダーキッチンの選び方:ショールーム巡り(TOTO、クチーナ、リブレ、キッチンハウス)で、オーダーキッチンの感覚をつかむ(http://www.denhome.jp/mt/2017/10/09/3910)
 

カツ丼ミーティング!?

街路樹が少しずつ色づき始め、
秋を実感するこの頃です。

先日は中秋の名月だったので、
お月見団子を買って観月しました!

福岡は幸いにも晴れて、みんながイメージする
薄雲と大きなお月さまを楽しむ事ができました。

DCIM0525さて、先日は月イチの全体ミーティングを
行いました。

同じ会社の仲間でも、業務内容が違うと
あまり顔を合わせなかったりするので、
新人さんの紹介も兼ねて、和やかに行いました。

昼食は鳥飼モデルハウス近くの
出前をとりました。

DCIM0524一押しなのか、ちらしに「カツ丼」と大きく
丸がしてあったので、多くのスタッフはカツ丼を
選びました(笑)

ニシオ