キッチンハウスにお伺い、打ち合わせ。セレブな気分になりますね。

キッチンハウスにお伺い。


お仕事です。

一応。


空間が高級なので、セレブな気分になりますね。

かく言う僕はポロシャツにジーパンなので、場違いな感じでして、到底セレブとは程遠い存在でございますね。

僕は高級なモノは好きですが、やはり根底に流れる価値観はコストパフォーマンスでして、そのモノの価値に見合っている、ないし、価値を上回る状態でなければ魅力的とは言えないと考えます。

一見すると「高いモノ好き」「ブランド好き」に見える僕ですが、実は価値というものを大切にしておりまして、常に価値をベースに評価しております。


新色のシンプルな框扉。

塗装仕上げだそうです。

框扉のデコラティブさが、シンプルなかたちになることで、スッキリとしたデコラティブで、なかなかよさそう。

価値は受取価値であって、必ずしも金銭価値に換算できないものです。

どうしても、ということは、受取価値が高い問題であって、それは価値がある話なわけです。

人によってその重要性はまちまちでしょう。

よくわからない話になってしまいましたけれども、申し上げたいことは「自分にとって、それが大切なことかどうか?」「自分にとって、それは価値があることなのか?」ということを自問すべきかと思う次第です。

価値があれば、GO。

価値がなければ、STOP。

そんな感じでしょうか。

とりとめもない話になってしまいましたけれども、自分にとって何が重要かどうかは、色々な経験をしてみないとわかりづらいもの。

色々なモノを見て、体験して、考えてみられてはいかがでしょうか。

キッチンなら、キッチンハウス。

ぜひ、一度ご覧いただければと思います。

竹内