木の家に住みたいと思った理由

突然ですが、私が木の家に住みたいと思った理由をお教えします。

木は自然界のものだから

飽きることがないから

体に良さそうだから

持ち物の趣味にあまり左右されなそうだから

癒されそうだから

温もりを感じるから

とまあ、こんなところです。

実際に木の良いところって、どうなのかなぁと思って調べてみたところ、こんなデータがありました。

下の図は空間と発育の関係を調べた実験です。

静岡大学で、木製・鉄製・コンクリート製の箱で、それぞれ飼育されたマウス(ネズミ)から生まれた子マウスの観察実験をしたところ、23日後の生存率は、木製の箱では85.1%でしたが、鉄製は41.0%、コンクリート製はわずか6.9%でした。

また、発育状況も、木製に比べて鉄製、コンクリート製はかなり劣っていたといいます。

私は実際鉄製の箱にも、コンクリート製の箱にも入ったことはありませんが(笑)、じーっとしてるならどの箱に入りますか?と問われたらなんとなく木箱を選びそうな気がします。

鉄のイメージ、コンクリートのイメージ…。

シュッとしてカッコいいですが、じーっとしているならやはり木の方がいいなと。

私は、なんといいましょうか、神社だとか、誰かの旧家だとか、木で作られている古い建物に入った時の「あの感じ」がとても好きです。

私は戸建てにも集合住宅にも住んできましたが、今の木の家が一番好きです!

好きさ加減を伝えるのはなかなか難しいですが、率直に住み心地がよい家です。

ナシロ

別府七丁目プロジェクト

是非ご覧ください!!