TOTOのものづくりの精神に表れる、かつてない「まいにち」への挑戦【でんホーム・名城】

TOTOグループは2017年5月15日に創立100周年を迎えた。

 

TOTOのトイレに始まるお風呂や流し台等の水回り製品は、もはや私たちの日常生活で当たり前の存在であり、衛生的な生活を送るうえで必要不可欠のものである。創業者である大倉和親が、明治36年に欧州視察で真っ白で清潔な衛生陶器を目にした時に生まれた「健康で文化的な生活を提供したい」という想いは、いまもなおTOTOの技術革新を生み出しているのである。

衛生陶器 温水便座
1位 TOTO(60.7%) TOTO(54%)
2位 INAX(30.4%) INAX(24%)
3位 ジャニス(4.9%) Panasonic(10%)

衛生陶器のシェアは日本経済新聞出版社調べ(2009年)

温水洗浄便座のシェアはリフォーム産業新聞調べ(2013年)

上記のようにトイレメーカーとしてのTOTO製品は日本の消費者から厚い信頼を得ているようである。私はTOTO以外の製品を目にすると、あっTOTOではないのだな、とどこか物足りなさに似た感情がよぎる。

TOTOの衛生陶器は、無駄を省きなおかつ存在感を表す、真っ白できれいな外観である。中には力士用のサイズや幼児用サイズも備えており、使用する対象に心地よく使用されるよう研究されている。

愛業至誠とはTOTO五代目社長である江副孫右衛門の残したTOTOの社是となるテーマであるが、「良品と均質」、「奉仕と信用」、「協力と発展」を三本柱としている。企業規模が大きくなればなるほど、社員それぞれが企業の想いを理解し、責任を持って任務を遂行するのは、近年の時代背景にも伴い、いささか困難になってくるのではないだろうか。

しかも社歴が長いほど複雑な思いが交錯しているように思える。しかしながら、零細であればそれが容易であるというわけでもない。やはり会社のリーダーがその想いを伝える努力を重ね、続いてそれを理解しうる立場がその姿に倣うのであろう。伝える努力を怠れば、それから先は何も生み出すことができないのである。

仕事の上で気がついた些細なことが、将来の何かを大きく変えるきっかけになるのかもしれない。会社の為ともいえるが、それは自分の為でもあり仕事仲間と楽しく働く環境づくりにも大きく影響する。自分の意見を述べやすい環境であればあるほど、自他を思いやる行動をとりやすくなってくるのであろう。

2017年、TOTOは日本、中国、アジア・オセアニア、米州、欧州など、19の国と地域で事業を展開し、2014年には新興国市場での事業拡大を目指し、インドのジャグラート州で衛生陶器工場が稼働している。生産拠点間の切磋琢磨により高いレベルでの商品の均質が実現されているという。

これはTOTOの海外事業には一貫して「Made by TOTO」の思想が流れているということになる。プライドを持って仕事をするという意識の高さは、創業者のゆるぎない想いを全社員に受け継ぐという成功へと導いた。これからも世界を相手に、かつてない「まいにち」への挑戦が続いている。

でんホーム株式会社 名城

関連記事:【TOTOミュージアム】設計・アクセス・営業時間・料金情報。どんなところか見学に行ってきました。でんホーム株式会社

木の家に住みたいと思った理由

突然ですが、私が木の家に住みたいと思った理由をお教えします。

木は自然界のものだから

飽きることがないから

体に良さそうだから

持ち物の趣味にあまり左右されなそうだから

癒されそうだから

温もりを感じるから

とまあ、こんなところです。

実際に木の良いところって、どうなのかなぁと思って調べてみたところ、こんなデータがありました。

下の図は空間と発育の関係を調べた実験です。

静岡大学で、木製・鉄製・コンクリート製の箱で、それぞれ飼育されたマウス(ネズミ)から生まれた子マウスの観察実験をしたところ、23日後の生存率は、木製の箱では85.1%でしたが、鉄製は41.0%、コンクリート製はわずか6.9%でした。

また、発育状況も、木製に比べて鉄製、コンクリート製はかなり劣っていたといいます。

私は実際鉄製の箱にも、コンクリート製の箱にも入ったことはありませんが(笑)、じーっとしてるならどの箱に入りますか?と問われたらなんとなく木箱を選びそうな気がします。

鉄のイメージ、コンクリートのイメージ…。

シュッとしてカッコいいですが、じーっとしているならやはり木の方がいいなと。

私は、なんといいましょうか、神社だとか、誰かの旧家だとか、木で作られている古い建物に入った時の「あの感じ」がとても好きです。

私は戸建てにも集合住宅にも住んできましたが、今の木の家が一番好きです!

好きさ加減を伝えるのはなかなか難しいですが、率直に住み心地がよい家です。

ナシロ

別府七丁目プロジェクト

是非ご覧ください!!

世界のTOTO

3月15日、お天気は曇りのち雨。

でんホームスタッフ一行は福岡県北九州市にあるTOTOミュージアムへと向かいました。

TOTOは2017年5月15日に創立100周年を迎えております。創立者大倉和親氏をはじめ、先人の志を今もなお受け継ぐ水回りの総合メーカーです。

トイレの便器のことを衛生陶器と呼ぶ?

そんなことから全てがわかるTOTOミュージアムです。

今回特別メニューとして、お風呂ランド体験入浴を実施していただきました。

ほっカラリ床、冬場は特にありがたいですね。シンラHX-G

ミュージアム展示物には国内に一点しか残されていないものもあり、会社の長い歴史を支えてきた製品の数々を網羅することができます。

中にはこんな面白いものも!

最後は隣接するTOTO小倉第一工場を見学させていただき、衛生陶器の製造過程を目の当たりに。

製品チェックの一つとしてハンマーによる打音検査があり、作業員が自ら木槌で製品を叩いて合格製品の澄んだ音とそうでない音の聞き分けを行うというもの。

「キーン、キーン」

よく聞いていなければわかりません。

神経使ってますよね!

ミュージアムからお土産もいただき、すっかりTOTOのファンになってしまいました。

わがやのトイレは、ネオレストです。

ナシロ

別府七丁目プロジェクト

お申込み受付中です!