事務所改装リフォーム工事してます@城南区樋井川(ウッドスクエア)

今をお伝えするブログなのですけれども、なかなかバタバタしてまして、今をお伝えできずにいます。

でんホームも最近はスタッフが増えてきておりまして、もう少しで多頻度で今をお伝えできるようになるのではないかと考えています。

さて、今日は城南区樋井川にあります、でんホームの事務所(ウッドスクエア2F)の改装リフォーム工事です。

壁を塗っています。左官仕上げです。ハーモニーウォールという漆喰仕上げです。

左官コテで塗ります。

基本的には来客用の応接エリアをきちんとするというテーマで、見えるところをキレイにリフォームです。

オフィス部分もありまして、レイアウト変更など、色々備品を追加しておりまして、スタッフ人数の増加に対応して色々増やしております。

仕上がりをぜひご確認いただきたいですね。

竹内(竹内左官)

塗り壁工事の下塗り工事@南区多賀

福岡市南区多賀で行われているマンションリノベーション、自然素材リフォーム工事の進捗です。

すごいわかりづらいんですが、内壁を下塗りしてます。内壁は漆喰の予定なのですが、リフォームなので、そのまま塗ってしまうと後で剥がれたり、トラブルになるということで、一回すべて下塗りしてます。

ビフォーがこれですね。

アフターがこれです。

壁の色が違うのがお分かりいただけるように思います。新築ですとこういうのがないんですが、リフォームですとこういう処理が必要です。その分コストも割高なんですね。

そんな感じで地味に進んでおります。

よろしくお願いします。

竹内

可動棚の設置工事@早良区南庄

福岡市早良区南庄にございます、でんホームOB様宅。

可動棚の追加設置を依頼頂きまして、設置工事してきました。竹内施工ですー(笑)。

ビフォーを撮影忘れましたのでインパクトがすごくないんですけれども、いい感じで設置できました。

ウッドワンの「無垢の木の収納」という部材を使いまして、棚の位置を上下で変更できる可動棚を設置です。

横に長い、奥行深めの棚(オーク材)と奥行浅めの棚(オーク材)を設置しました。

使い勝手や日常生活がより便利に、より暮らしやすくなるかと思います。

竹内

フローリング資材搬入しました@南区多賀

福岡市南区多賀にございますマンションにて、自然素材リフォーム工事をしています。

今回はいささか大変でした。

内容を申し上げますと、、、

1.33kgのタイルを階段なし5階まで持って上がる。

2.しかも、2回。

3.重いフローリング材を30セット近くを2人で階段なし5階まで。

4.一人当たり10往復以上。

まさに苦行。

これがタイル。重いっす。

バシッと重さ33kgと表記。腰痛いっす。

フローリング材を納品。ウォールナットの樹種のフローリングですね。無垢フローリングです。オイル塗装済みの商品。

一枚出してみました。ウォールナットの無垢フローリングって、こんな感じですよ。

アップで見るとこんな感じ。

無垢フローリングを貼っていきます。

竹内

サッシ(窓枠)をアイアン塗料で鉄っぽい感じに@樋井川事務所トイレリフォーム工事

地味にちょいちょい進めております樋井川事務所のトイレリフォーム工事。

今日も午前中は重要な打ち合わせで、直近とこれからについて、色々進展ありました。

午後一でも打ち合わせで、来年明けてのプロジェクトについてのミーティング。いい感じです。

それで樋井川事務所に戻りまして、トイレリフォーム工事。

パテ処理を少ししました。

あとはサッシ(窓枠)をアイアン塗料で鉄っぽい感じにします。

元はこんな感じ。

ま、普通の古いアルミサッシですね。アルミ窓枠。

じゃじゃーん。

シュペンパンザー、です。

アイアン塗料と呼ばれていまして、アイアン(鉄)っぽい感じに塗れます。

一回目。

一回塗りだと下地が見えます。薄く塗るのがコツらしいです。すぐに乾いていくので、スピード感が大事ですね。

二回目。

二度塗りでこんな感じのアイアンテイスト。

普通の野暮ったいアルミサッシがアイアンテイストのいい感じに。

ビフォー

アフター

きっちり仕上げていきます。

他にも色々仕事あるんで、合間見つけて進めます。意外に忙しいんで。

竹内

アク止めシーラー処理@樋井川事務所トイレリフォーム工事

でんホームの樋井川事務所のトイレリフォーム工事です。和式を洋式にリフォーム。

一回あたりの仕事時間それほどないんですが、乾燥時間が発生するので、置いておく時間がかかります。何日も、ちょっとずつ。そんな工事です。実は一般的なんですが。

施工前。

今日はアク止めシーラー処理をします。

この上に漆喰で塗り壁にしますので、下地が木材系だとアクが出るんですね。それを止める処理です。

施工後。

あとは再度パテ処理してしまえば、漆喰の塗り壁下地工事は完了です。

さて、アク止めシーラー処理は下地が木材系(ここではベニヤ)なんで必要なのです。一般的な住宅だと下地は石膏ボードなので、このアク止めシーラー処理は不要です。一工程無駄に時間とお金をくっています。それは施工がしやすかったのと、壁に何でも取り付けられるようにしたかったのがあります。

通常は石膏ボード。ベニヤ合板だと割増ですね。

そんな感じで、後工程に進んでいきます。

竹内

下地パテ処理@樋井川事務所トイレリフォーム工事

早く工事を終わらせないと、女性陣のトイレが困るということで急いでおります福岡市城南区樋井川にあります、でんホーム事務所のトイレリフォーム工事。

今日はパテ処理を終わらせました。

漆喰の塗り壁にしようと考えておりますので、その塗り壁下地工事としてのパテ処理をします。

パテ処理は継ぎ目部分(ジョイント)にファイバーテープと呼ばれるメッシュテープを貼ってパテ処理します。

上塗りが漆喰の塗り壁なので、パテ処理は二回しようかなと思ってます。

加えて下地が合板なので、アク止め処理がもう一工程かかります。手間かかります。

がんばります。

竹内

玄関土間タイル撤去工事@南区多賀

福岡市南区多賀にございますマンションにて、自然素材リフォーム工事をしています。

まずは玄関土間タイルを撤去する工事です。音がうるさい工事なので、近隣の方々にはご迷惑をおかけする類の工事ですね。

それで玄関土間タイル撤去工事前の写真がこちら。

撤去していきまーす。

傷つけちゃいましたー。

ちなみに工事しているのは、でんホームの何でも屋である私、竹内正浩(竹内工務店 代表・笑)です。

ちょっと剥いじゃいましたね。

玄関土間タイルは最初がなかなか難しいですが、一枚取れれば、あとは剥がしていく感じでいけます。

ザザッといって、土間タイルが撤去されていきます。

「誰でもできるのか?」という疑問を聞かれそうなので、お答えしておきますと、「人による」でしょう。

体力ないとできません。コツはあります。道具要ります。タダではできません。人によってはできる人もいるでしょうけど、一般的にはおススメしません。

下地がきれいになったのがおわかりになりますでしょうか?

土間タイルを撤去は簡単ですが、下地をきれいにするのが地味に手間がかかります。大変っす。

工事完了ですー。

ビフォー(工事前)

アフター(玄関土間タイル撤去後)

それで、今後、新しい玄関土間タイルを施工しまして、かっこいい感じになっていきます。

竹内(竹内工務店 代表)

マンション(団地)のリフォーム(プチリノベ)@南区多賀

福岡市南区多賀にて、マンションリフォーム工事がスタートしました。自然素材リフォームです。

マンションといっても、歴史あるマンションで団地と呼ばれる形態です。

リフォームはリフォームですけれども、すでに以前の所有者の方がリフォームされていて、まったくのゼロベースでございません。

リフォーム工事としては、土間のやりかえやフローリングを新しくするなど、プチリノベな感じですね。

このマンションの一室がどう変わっていくのかをリアルタイムでお届けできればと思っています。

床が変わり、壁が変わります。

ガラッと印象が変わると思います。

竹内