技術者の信念と誇り~小さな町に生まれた人の想いが今も生きている~【でんホーム・田口】

2018年3月15日、一般の方が利用できないTOTOお風呂ランドを体験出来ると伺い、北九州市にあるTOTOミュージアムに来ていた。 TOTOと言えば、日本ではトイレ、洗面器などの衛生陶器で約6割のシェアがあり第1位を誇る会社である。今回は工場見学も出来ると言うことで期待に胸を膨らませていた。

IMG_3244.JPG

まず目を引いたのは、「水滴」をイメージした柔らかなフォルムの建物。「水滴」のコンセプトに拘り、随所にそれを表現してあるのが、何とも印象的だった。

IMG_3246.JPG

隣接する建物は、屋上を緑化し「緑豊かな大地」を表現している。

【敷地面積】 148.716㎡(東京ドーム 3.2個) 、 【従業員】 3,445名

ここ「本社・小倉第一工場」内に、TOTOミュージアムは創立100周年記念事業として開設された。 建築デザインを通して、地球の毎日に潤いをもたらす環境つくりに貢献したい。 そんなTOTOの想いを形にしたこの建物は、環境配慮型施設になっていると言う。

水、熱、電力、素材、緑、長持ち、空気・・・地球と共存する、技術が光っていた。 水まわりからの環境貢献に全力を注ぐ

グラフィックス2

設計・・・梓設計 施工・・・鹿島建設

TOTOのルーツは1876年に創立された貿易会社「森村組」までさかのぼる。 貿易業界の草分けともいうべき「森村組」は、一業一社の精神で良品主義を貫き、食器や衛生陶器等の事業を分離して発展してきた。

様々な展示品を見ながらTOTOの歴史に触れていく内に、耳に入ってきた白磁の陶器。 そこで、思い描いたのは故郷のことだった。

私の故郷の佐賀県有田町は、やきものの町として有名だ。その歴史は古く、1616年に朝鮮人陶工 李参平(リ・サンペイ)によって陶石が発見され、日本で初めて磁器が焼かれた場所である。

左が、日本陶器(現ノリタケカンパニーリミテド)が初めて成功した純白のディナーセット。右が江戸時代から続く有田焼の老舗 香蘭社のペア碗皿。

比べてみてどうだろう?似ていると思いませんか? このディナーセットを見た瞬間に、私は無知で知らないけど、もしかして有田が関わっているのではないかと思えてならなかった。

1904年、日本陶器合名会社 (のち日本陶器(株)、現在(株)ノリタケカンパニーリミテド)が森村組の創立者らによって設立されてから、 1917年に衛生陶器部門を分離して東洋陶器(株)を経て、現在のTOTO(株)に至っている。

特に良品と均質に拘り、粗製乱造は良心が許さない。と戦時中にも関わらず技術者としての信念を曲げなかった、5代目社長 江副孫右衛門は、 社内にもこの信念を厳しく求めることで、再建へと導いたキーパーソンだ。

まさに、江副孫右衛門が有田出身の方だった。彼こそが、初めて純白のディナーセットを成功に導いた人物だと言う。

トイレが出来るまでの工程が、成型→乾燥→施釉(うわぐすりをかける)→本焼き の順と工場で説明をうけた。 有田焼が出来るまでの大体の工程が、成形→乾燥→素焼→. 絵付け・施釉 →本焼き の順である。

工場では、温度や湿度を調整し、粘土が乾燥しないように調整されていただけではなく、 乾燥後、本焼き後、サイズが小さくなることを考慮して、最終的に決まったサイズに焼きあがるように 【5代目社長 江副孫右衛門】 細かい曲線までも計算しつくされていた。まさに技術の成せる技だと思った。

有田の焼き物は、一つ一つ手造りで作る。有田で育った子供は、毎年図工の時間で必ず食器を作るから、大体の作り方はみんな知っている。 私も毎年焼き物を作っていた。汚れることが嫌で焼き物造りが大嫌いだったが、出来上がった食器を見ると嬉しいものだった。 土を練り、ろくろを回し、均一に丁寧に、薄くだけど薄すぎず、一つ一つ・・・。窯で焼いた時に、ひびや割れが少しでもあると割れてしまう。 大きかった焼き物が、小さく焼き上がり、食器としての価値がなくなるものもある。

そんな経験をして育ってきた私は、当時の技術で均質な物を作ることがどんなに大変なことだったか・・・。と考えた。 江副孫右衛門は、窯元で生まれたそうだ。父親の職人技を近くで見て育ち、ご本人も職人として育ったからこそなのかもしれない。

江副孫右衛門が制定した「愛業至誠」をテーマとした社是の中に、「良品と均質」と言う言葉がある。 まさに江副孫右衛門が曲げなかった技術者の信念のままの言葉だと思う。

「良品と均質」「奉仕と信用」「協力と発展」を3本柱とする社是は、現TOTOの社是にもなっている。 月日が経ってもいつの時代でも、技術者が忘れてはいけない受継がれてきた想い。

今回の研修は、単純にお風呂に入って、TOTOの新しい商品に触れて帰るものと思っていた。

ミュージアム自体の建築としての価値や技術とデザイン。TOTOの歴史と故郷有田の焼き物の技術。そして、江副孫右衛門。 見応え十分であった。

私は建築に携わる者だ。 私自身は数あるお家の一つの失敗かもしれない。だが、お客様にとっては一生で一度のお家なのだ。

当たり前だけど、忘れがちな技術者として大切な想いを、故郷の大先輩に教えられた気がした。

でんホーム株式会社  設計  田口 絵理

TOTOのものづくりの精神に表れる、かつてない「まいにち」への挑戦【でんホーム・名城】

TOTOグループは2017年5月15日に創立100周年を迎えた。

 

TOTOのトイレに始まるお風呂や流し台等の水回り製品は、もはや私たちの日常生活で当たり前の存在であり、衛生的な生活を送るうえで必要不可欠のものである。創業者である大倉和親が、明治36年に欧州視察で真っ白で清潔な衛生陶器を目にした時に生まれた「健康で文化的な生活を提供したい」という想いは、いまもなおTOTOの技術革新を生み出しているのである。

衛生陶器 温水便座
1位 TOTO(60.7%) TOTO(54%)
2位 INAX(30.4%) INAX(24%)
3位 ジャニス(4.9%) Panasonic(10%)

衛生陶器のシェアは日本経済新聞出版社調べ(2009年)

温水洗浄便座のシェアはリフォーム産業新聞調べ(2013年)

上記のようにトイレメーカーとしてのTOTO製品は日本の消費者から厚い信頼を得ているようである。私はTOTO以外の製品を目にすると、あっTOTOではないのだな、とどこか物足りなさに似た感情がよぎる。

TOTOの衛生陶器は、無駄を省きなおかつ存在感を表す、真っ白できれいな外観である。中には力士用のサイズや幼児用サイズも備えており、使用する対象に心地よく使用されるよう研究されている。

愛業至誠とはTOTO五代目社長である江副孫右衛門の残したTOTOの社是となるテーマであるが、「良品と均質」、「奉仕と信用」、「協力と発展」を三本柱としている。企業規模が大きくなればなるほど、社員それぞれが企業の想いを理解し、責任を持って任務を遂行するのは、近年の時代背景にも伴い、いささか困難になってくるのではないだろうか。

しかも社歴が長いほど複雑な思いが交錯しているように思える。しかしながら、零細であればそれが容易であるというわけでもない。やはり会社のリーダーがその想いを伝える努力を重ね、続いてそれを理解しうる立場がその姿に倣うのであろう。伝える努力を怠れば、それから先は何も生み出すことができないのである。

仕事の上で気がついた些細なことが、将来の何かを大きく変えるきっかけになるのかもしれない。会社の為ともいえるが、それは自分の為でもあり仕事仲間と楽しく働く環境づくりにも大きく影響する。自分の意見を述べやすい環境であればあるほど、自他を思いやる行動をとりやすくなってくるのであろう。

2017年、TOTOは日本、中国、アジア・オセアニア、米州、欧州など、19の国と地域で事業を展開し、2014年には新興国市場での事業拡大を目指し、インドのジャグラート州で衛生陶器工場が稼働している。生産拠点間の切磋琢磨により高いレベルでの商品の均質が実現されているという。

これはTOTOの海外事業には一貫して「Made by TOTO」の思想が流れているということになる。プライドを持って仕事をするという意識の高さは、創業者のゆるぎない想いを全社員に受け継ぐという成功へと導いた。これからも世界を相手に、かつてない「まいにち」への挑戦が続いている。

でんホーム株式会社 名城

TOTO小倉工場を見学させて頂きました【でんホーム・梶原】

私たち暮らしの中で身近な事に、余りにも気づかない水の探求心を持って仕事されている会社が、あることさえ忘れていました。

IMG_3369

今生活している日本人は特に蛇口を回すとほとんどの人が、水は出るものだと思っているのではないでしょうか。

この様な社会になるまで、そんなには時間を必要としませんでした、人が一生を過ごす時間と同じ位の単位で、土から人を快適に過ごせる空間を作り出されたことに、発展のすごさを感じました。

IMG_3366.JPG
今日は、入浴とトイレ体験をさせていただきました。風呂が体を洗うところで無く、今日一日の疲れを癒す空間になって居る事に、驚きを覚えましたとても素晴しい癒し処です。
トイレですが、美術館的な想像画き立たせる居場所となっているのには、一皮剥けた自分が居るようでした。こんな素晴しい体験が出来ました事を深くお礼申し上げます。

説明の中に、風呂の床を注意してくださいとの説明がありましたが、説明どおりに水切れが良く、感じが良かったです。

今から先は、水を使わない風呂・トイレが出現してくるのでしょう。私たちの想像を遥かに超えた物が、生み出されることでしょうし、生まなくては取り残されてしまいます。想像の翼を広げて行きたいものです。

IMG_3339.JPG
今私たちが、こうして衛生的で文化的な生活が出来ることの、礎をきずかれたことを感謝しています。 また水の大切なことや、未来に対する探究心などに眼を向けて進まれている事に、深く感謝いたします。

私ごとですが、ホテルで事働いていましたので、創業者の方の子孫が作られた、陶器を使って世界のお客様を、おもてなししていたことを誇りに思います。ヒストリーをきいたときに、こんなところで接点があったのかと思いました。
今回この様な場で、機会を得ましてひとつ広い世界がある事を、勉強させていただきました。ありがとうございました。

今後みなさまのご発展と、TOTOさんのたゆまない進展をお祈りいたします。

でんホーム株式会社 梶原 清吾

世界のTOTO

3月15日、お天気は曇りのち雨。

でんホームスタッフ一行は福岡県北九州市にあるTOTOミュージアムへと向かいました。

TOTOは2017年5月15日に創立100周年を迎えております。創立者大倉和親氏をはじめ、先人の志を今もなお受け継ぐ水回りの総合メーカーです。

トイレの便器のことを衛生陶器と呼ぶ?

そんなことから全てがわかるTOTOミュージアムです。

今回特別メニューとして、お風呂ランド体験入浴を実施していただきました。

ほっカラリ床、冬場は特にありがたいですね。シンラHX-G

ミュージアム展示物には国内に一点しか残されていないものもあり、会社の長い歴史を支えてきた製品の数々を網羅することができます。

中にはこんな面白いものも!

最後は隣接するTOTO小倉第一工場を見学させていただき、衛生陶器の製造過程を目の当たりに。

製品チェックの一つとしてハンマーによる打音検査があり、作業員が自ら木槌で製品を叩いて合格製品の澄んだ音とそうでない音の聞き分けを行うというもの。

「キーン、キーン」

よく聞いていなければわかりません。

神経使ってますよね!

ミュージアムからお土産もいただき、すっかりTOTOのファンになってしまいました。

わがやのトイレは、ネオレストです。

ナシロ

別府七丁目プロジェクト

お申込み受付中です!

ジャニス工業(Janis)のトイレを検討しています

お客様のための資材購買部長、竹内正浩です。

飽くなき値切りで、取引業者と微妙な空気になることも、ままありますけれども、お客様のためと思いまして頑張っております。

さて、今回はジャニス工業(Janis)のトイレを検討しにショールームというか事務所に行ってきました。

ジャニス工業九州ショールーム

「えっ?ここが」

という御笠川のマンション1階事務所で、かつ「来る前に電話ください。基本いません」的な立ち位置。まさに、でんホームっぽい、少人数運営がひしひしと伝わってくるスタンス。

そんなこんなで見てきました。

ジャニス工業という名前は非常に認知度が低く、ご存じないと思います。

一応、シェアはTOTO、LIXILに次いで第3位とのこと。歴史も長く、衛生器具メーカーとしては、それなりの立ち位置。

メリットは純粋に安いんですよね。

品質もきちんとしているみたいです。

ただ、TOTOやLIXILみたいにお金をすっごいかけたショールームがあるわけではないですし、CMもないので認知度低いです。

アフターも提携業者あるそうなので、それなりにきっちりはしてますが、少人数なので、でんホームよろしくフォローが手厚くはないですね。

トイレも耐久消費財ですので、割り切って、コストダウンするにはいい商品かな、と。

とにかく、タンクレスでありながら、安いんですよね。

今後、いくつかの物件でジャニス工業のタンクレストイレを採用する予定です。

他にも色々と動いてます。

竹内(資材購買部長)