コンクリートブロック解体撤去工事@福岡市東区美和台

先日、雨で中止になってしまいましたコンクリートブロック解体撤去工事@福岡市東区美和台ですが、ようやく続きができるようになりました。

竹内土木が再開です。

元々はこんな感じのコンクリートブロック。

こんな感じで順次解体していきます。

こういうのがディスクグラインダーです。
刃先は金属用になっていますが、鉄筋切るのに変えただけで、コンクリートのときはコンクリート用の刃先でカットして切れ目を入れます。

電動ピックというやつです。

これでブロックの継ぎ目を突いて、分離させます。

コンクリートブロックにはこういう感じで、鉄筋の横筋が入っています。同じように鉄筋の縦筋も入っています。

解体工事しているとわかるのですけれども、コンクリートブロックだけだと、すぐに壊すことができます。

一方で、そういう鉄筋の縦筋横筋が入っていると、柔軟性が増して、なかなか壊すことができません。

コンクリートブロックだけなら、バタンと倒れてしまう可能性がありますが、鉄筋が入ることで、明らかに壊れる難易度は上がります。

さらに、鉄筋の形状も写真のような普通のスムーズな鉄筋は昔の話で、現在は異形鉄筋と呼ばれる絡みつきやすい形状の鉄筋になっているので、さらに強いのが現在です。

コンクリートブロック解体工事完了です。

あとは撤去です。

写真撮り忘れました。

さて、これらのコンクリートブロックはどのくらいの重さがあったでしょうか?

量が多いので、重そうですね。

答えは「1トン超」です。

1トン超えちゃうくらいの重量なんですよね。イメージよりも重たかったです。

解体工事って、大変なんですよ。

熱中症の症状が出ている

竹内(竹内土木 代表)

防水下地工事(タイベックストレッチガード)@小郡

お盆休みもブログ更新ということで、勢いづいて頑張っております。

でんホーム代表 藤本香織もお盆休みはなく、打ち合わせに、立会いや事務作業と休む暇なく動いております。

物流や現場の動きがあまりないので、落ち着いて仕事できたりするので、よい側面もあります。

今日は小郡市の住宅建築現場にて、防水下地工事をしてきました。

具体的にはタイベックストレッチガードというテープ処理をしていきました。

窓が取り付けられるところです。

意外に窓周りからの雨漏りって、結構多いそうです。

建築系の共通認識としては「雨漏り」と聞くと天井や屋根から雨漏りしそうな気がしませんか?

実際には天井・屋根からの雨漏りよりも、窓やバルコニーといった壁からの雨漏りのほうが多いそうです。

まずは窓周りの下のほうにタイベックハウスラップを取り付けます。

タイベックハウスラップというのは一般的には「透湿防水シート」と呼ばれます。

湿気を透過させて、反面、水は防ぐという機能を持ったシートです。

色々な透湿防水シートありますけれども、個人的な経験値から、やっぱりタイベックが一番ですね。実績ありますし。

ここに取り付けます。

タイベックストレッチガード。

ここに

こんな感じで。

ストレッチガードという名前だけあって、伸びるんですね。

伸びて、コーナーからの水侵入を防ぐわけです。

こうやって、窓周りの防水下地工事をしました。

見えないところも真面目に頑張っております。

ちなみにタイベックって、結構お高いブランド品なんですね。ですから、品質の低いやつを使ったり、そもそもこういう処理しなかったりします。それは当然、そっちのほうが安くすむからです。

でも、こういうところ、大切ですよね。

安易に安い家を買うと、色々あると思います。

竹内

コンクリートブロック解体工事@東区美和台

「お盆休みって何ですか?」という勢いです。
こんにちは、でんホーム株式会社 土木事業部 の竹内土木 代表の竹内正浩です。

今日は竹内土木の仕事でコンクリートブロックを解体撤去します。

上三段のコンクリブロック撤去です。

上三段だけなので、縁切りします。

ディスクグラインダーでカッター入れていきます。

きれいにカットするためです。

こんな感じで。
きれいに線が入っているのが縁切りです。

粉塵が激すごいです。
近隣の迷惑になりますので、声がけは欠かせません。

こんな感じで、コンクリートブロックを撤去します。

この時点で雨が強くなりましたので、悔しいですが、今日はここまで。

ほとんど働いてない感じですが、天気には勝てません。

また、頑張ります。

竹内(竹内土木 代表)

小郡市の構造・下地工事、東区美和台の仕上げ・設備工事と現場まわり

小郡市では構造・下地工事をしています。

住宅建設現場で写真となると、どうしても業務資料の写真で細かいところが多いのです。

絵的にきれいな写真が少ないので、写真少なめですが、実際は数十枚は最低でも撮影してたりします。

今後は絵的に掲載できそうな写真を何枚も撮るということを意識するよう改善したいです。

小郡市では構造下地工事です。
見えなくなるけれども大切な仕事を地味に進めています。

東区美和台では最終段階に入っています。
外構は別ですけれども。

住宅の室内はこんな感じ。

杉岡製材所さんの杉の床材。
杉岡製材所さん

天井も杉ですから、杉のナチュラル感が出てます。

でんホームらしい、すっきりとした質感ある空間ができています。

写真少なめで、ちょっと反省ですね。

改善をはかっていきたいです。

竹内

マグネットペイント施工と珪藻土@東区美和台-小郡

マグネットペイントはご存知でしょうか?
磁石の塗料というのが直訳なのですが、そういうモノです。

砂鉄が入っているそうでして、磁石がくっつく塗料です。

色は黒いので、黒い壁になります。
この上に仕上げ塗料を塗ると、その仕上がりになります。
白い塗料を上塗りすると、白い壁になります。
黒い壁もかっこいいですが、あくまで下地ですね。

別のところは珪藻土塗りです。
左官職人さんの技術で、きれいに仕上がっています。

左官仕上げは絵になりますね。

小郡では屋根板金工事が進んでいます。
屋根はガルバリウム鋼板です。
耐久性のよい軽い屋根材です。
見た目もすっきりしてきれいです。

このブログは「でんホームの今」ということで、ものすごいクイックな更新を考えていましたけれども、なかなか難しいです。

今日は福岡市東区から小郡市まで移動しましたけれども、昨日は大切な打ち合わせが2件もございまして、唐津市に行って来ました。

でんホームは結構な広範囲を飛び回っております。

工事自体はまあまあ離れたところでも、実は可能なので、今後はもしかすると予想以上に離れたところで住宅建築工事をするかもしれません。

ただ、あくまで福岡周辺1時間圏内をベースに考えています。

ブログの更新がリアルタイムに進んでいないのは非常に残念だと感じていますが、水面下で色々な進展がございますので、興味深いです。

熱中症は避けたいところです。

現場で色黒になった竹内

左官屋さんの匠の技術

福岡市東区美和台では左官屋さんの仕上げ塗り壁工事がされています。

でんホームの家を数々、左官仕事してきた左官職人が珪藻土塗りをしています。

左官の塗り壁経験をすればわかりますが、尋常じゃないレベルできれいに塗られます。

時間と経験が必要な職人仕事。
それが左官です。

匠の技、技術という話ですが、すごいです。

仕上がりもご報告しますね。

竹内

かるかん、頂きました!かるかんの由来

今日は福岡市東区香椎浜にあるマンションリフォームの現場に行きました。

お客様に「かるかん」を頂きました。

かるかんの栞がありまして、かるかんの由来を知りました。

約150年前、島津斉彬公は江戸薩摩屋敷の御用菓子屋に人選を命じ播州明石の八島六兵衛なる者を連れ帰り、島津家御用菓子屋として奉仕させました。

その六兵衛がたまたま薩摩特産の山芋と薩摩米が良質なことに着眼して両者に砂糖を按分して今日のかるかんを創製するのに成功しました。

そういうわけで、今日のかるかんがあるんですね。

そういう歴史というか、由来みたいなものが好きです。

個人的に、モチモチ食感が好きなので、かるかんは好物です。最近は糖分とりすぎですが。。。

竹内

小郡でお餅まき-久留米-大砲ラーメン

小郡市でお餅まき。
たくさんのご近所さんに来場いただきました。

昨今はお餅自体がお高うございますので、大人はお餅を拾う場合が多うございます。

みなさん意欲的にとっています。

小郡市でのお餅まきの後は久留米市に。

OB様邸でのとある確認をしまして、帰りにラーメン食べました。

大砲ラーメンです。

チェーン店らしいですが、有名らしいですね。

そつがない、味、店舗、サービスでした。

竹内

小郡市で上棟しました!!

でんホームの今を伝えるブログですけれども、なかなか「今」を伝えるレベルにないのが残念な竹内です。

やはりブログへの意識を常に持ち続けないといけないですね。

さて、18日に小郡市にて上棟しました。


いきなりこんな感じにはならないんですが、順次組み上がっていきまして、上棟という現況に至ります。


木造住宅の構造体を組み上げる日です。上棟日は。


ずっと立ちっぱなし。

でん社長も笑顔ですが、疲れ果ててます。

大工さんや職人さんたちは18:30くらいに帰宅。

僕らは色々と後始末してからなので、20時近かったかな?

とにかくバタバタ、忙しい、とっても大変な1日です。

あとはじんわり進んで行くものなんですけれども。

竹内

今週末から早良区南庄の見学会が始まります!

梅雨らしいお天気が続きます。

IMG_4741

今週末から早良区南庄の見学会が始まりますので、
施工事例の準備などを行いました!

【見学会】「家族の絆を育む家 室見川」南庄で住宅完成見学会を開催します!

IMG_4739

南庄は着工時からお問い合わせが多く、
週末の見学会の予約も少しずつ埋まってきました。

室見川沿いの住宅地で、
場所がいいからかな~と思っています。

平日の予約も可能ですので、ぜひお問い合わせくださいね。
(※完全予約制です)