コンクリートブロック解体撤去工事@福岡市東区美和台

先日、雨で中止になってしまいましたコンクリートブロック解体撤去工事@福岡市東区美和台ですが、ようやく続きができるようになりました。

竹内土木が再開です。

元々はこんな感じのコンクリートブロック。

こんな感じで順次解体していきます。

こういうのがディスクグラインダーです。
刃先は金属用になっていますが、鉄筋切るのに変えただけで、コンクリートのときはコンクリート用の刃先でカットして切れ目を入れます。

電動ピックというやつです。

これでブロックの継ぎ目を突いて、分離させます。

コンクリートブロックにはこういう感じで、鉄筋の横筋が入っています。同じように鉄筋の縦筋も入っています。

解体工事しているとわかるのですけれども、コンクリートブロックだけだと、すぐに壊すことができます。

一方で、そういう鉄筋の縦筋横筋が入っていると、柔軟性が増して、なかなか壊すことができません。

コンクリートブロックだけなら、バタンと倒れてしまう可能性がありますが、鉄筋が入ることで、明らかに壊れる難易度は上がります。

さらに、鉄筋の形状も写真のような普通のスムーズな鉄筋は昔の話で、現在は異形鉄筋と呼ばれる絡みつきやすい形状の鉄筋になっているので、さらに強いのが現在です。

コンクリートブロック解体工事完了です。

あとは撤去です。

写真撮り忘れました。

さて、これらのコンクリートブロックはどのくらいの重さがあったでしょうか?

量が多いので、重そうですね。

答えは「1トン超」です。

1トン超えちゃうくらいの重量なんですよね。イメージよりも重たかったです。

解体工事って、大変なんですよ。

熱中症の症状が出ている

竹内(竹内土木 代表)

コンクリートブロック解体工事@東区美和台

「お盆休みって何ですか?」という勢いです。
こんにちは、でんホーム株式会社 土木事業部 の竹内土木 代表の竹内正浩です。

今日は竹内土木の仕事でコンクリートブロックを解体撤去します。

上三段のコンクリブロック撤去です。

上三段だけなので、縁切りします。

ディスクグラインダーでカッター入れていきます。

きれいにカットするためです。

こんな感じで。
きれいに線が入っているのが縁切りです。

粉塵が激すごいです。
近隣の迷惑になりますので、声がけは欠かせません。

こんな感じで、コンクリートブロックを撤去します。

この時点で雨が強くなりましたので、悔しいですが、今日はここまで。

ほとんど働いてない感じですが、天気には勝てません。

また、頑張ります。

竹内(竹内土木 代表)

小郡市の構造・下地工事、東区美和台の仕上げ・設備工事と現場まわり

小郡市では構造・下地工事をしています。

住宅建設現場で写真となると、どうしても業務資料の写真で細かいところが多いのです。

絵的にきれいな写真が少ないので、写真少なめですが、実際は数十枚は最低でも撮影してたりします。

今後は絵的に掲載できそうな写真を何枚も撮るということを意識するよう改善したいです。

小郡市では構造下地工事です。
見えなくなるけれども大切な仕事を地味に進めています。

東区美和台では最終段階に入っています。
外構は別ですけれども。

住宅の室内はこんな感じ。

杉岡製材所さんの杉の床材。
杉岡製材所さん

天井も杉ですから、杉のナチュラル感が出てます。

でんホームらしい、すっきりとした質感ある空間ができています。

写真少なめで、ちょっと反省ですね。

改善をはかっていきたいです。

竹内

マグネットペイント施工と珪藻土@東区美和台-小郡

マグネットペイントはご存知でしょうか?
磁石の塗料というのが直訳なのですが、そういうモノです。

砂鉄が入っているそうでして、磁石がくっつく塗料です。

色は黒いので、黒い壁になります。
この上に仕上げ塗料を塗ると、その仕上がりになります。
白い塗料を上塗りすると、白い壁になります。
黒い壁もかっこいいですが、あくまで下地ですね。

別のところは珪藻土塗りです。
左官職人さんの技術で、きれいに仕上がっています。

左官仕上げは絵になりますね。

小郡では屋根板金工事が進んでいます。
屋根はガルバリウム鋼板です。
耐久性のよい軽い屋根材です。
見た目もすっきりしてきれいです。

このブログは「でんホームの今」ということで、ものすごいクイックな更新を考えていましたけれども、なかなか難しいです。

今日は福岡市東区から小郡市まで移動しましたけれども、昨日は大切な打ち合わせが2件もございまして、唐津市に行って来ました。

でんホームは結構な広範囲を飛び回っております。

工事自体はまあまあ離れたところでも、実は可能なので、今後はもしかすると予想以上に離れたところで住宅建築工事をするかもしれません。

ただ、あくまで福岡周辺1時間圏内をベースに考えています。

ブログの更新がリアルタイムに進んでいないのは非常に残念だと感じていますが、水面下で色々な進展がございますので、興味深いです。

熱中症は避けたいところです。

現場で色黒になった竹内

左官屋さんの匠の技術

福岡市東区美和台では左官屋さんの仕上げ塗り壁工事がされています。

でんホームの家を数々、左官仕事してきた左官職人が珪藻土塗りをしています。

左官の塗り壁経験をすればわかりますが、尋常じゃないレベルできれいに塗られます。

時間と経験が必要な職人仕事。
それが左官です。

匠の技、技術という話ですが、すごいです。

仕上がりもご報告しますね。

竹内