キシラデコールで外部の木部塗装@城南区七隈

福岡市城南区七隈にて建築しておりますお住まい。

着実に完成へと歩を進めております。

外壁の「焼杉」を張り終わりまして、外観は完成に近づいています。

そのようななかで外部に出ている木部を保護する目的にて、木部用の塗料を塗らねばなりません。

そういうわけで、今回、外部木部用塗料を塗りました。

キシラデコールです。

その筋では結構メジャーな存在です。

屋外の木部に対して、防腐防カビ防虫効果のある耐候性ある塗料です。

今回の塗装の色は「ウォルナット」。

この色を選んだ理由は、このお住まいのコンセプトから来ています。

下の写真は塗装前の写真です。今回塗装したのは破風、鼻隠し、軒天です。破風鼻隠しは屋根のちょい下のライン。

外壁が「焼杉」という日本においては、昔から長く使われてきた外壁材で、黒く印象深いです。窓は木製サッシをいくつも使い、赤みがかった色合い。そして、戸袋には建主自ら塗った柿渋。

この色合いのなかで、屋根すぐ下のラインが白く、白木の明るいトーンで、ちょっと浮いたイメージではないでしょうか。

このお住まいのコンセプトは「新築なのだけれども、かねてよりそこに在ったかのような普遍的な上質の住まい」。

塗装後の写真がこれです。

いかがでしょうか?

塗装前の写真はたしかに「新しい」イメージではあります。白っぽいラインがありますから。

ただ、ウォルナット色に塗ることで、落ち着いた、馴染んだ色合いになったのではないでしょうか。

塗る前の新しいけれども、少し浮いていたイメージのラインが焼杉と窓と一体になり、コンセプトの「新築なのだけれども、かねてよりそこに在ったかのような普遍的な上質の住まい」に近づいていっているのではないか。

そう僕は感じます。

キシラデコールを塗るとこんなイメージになります。

汗をかき、暑い日で軽く体調悪化しましたけれども、変化が目に見えるので、やりがいはありますね。

竹内

内部木工事が進行中@城南区七隈

でんホームの今を伝えるブログコンセプトでありながら、今を伝えるメインの自分がまったく投稿できておりません。竹内です。

日々、現場に行ったり色々仕事したりと、なかなかに多忙な日々ですが、ブログ更新という仕事はサボっておりますので反省です。

城南区七隈にて進行中の新築一戸建て建築。

内部で大工さんが木工事しています。下地補強の仕事もあらかた終わりました。

なぜかたまたま下地補強材はヒノキの合板。ヒノキのいい香りがします。

この下地補強材はなぜ入るのか?それはこれがないと仕上がった後で、なにかを壁に取り付けることが難しいからです。

壁に絵をかけたい。花を飾りたい。棚をつけたい。重たいモノを壁にかけたい。

そうしますと、柱には重さを耐えられる取り付けできますが、それ以外は写真の通り空間なんですね。空間に取り付けるとなると石膏ボードで止まる重さが限界なんです。

それをクリアするために事前に補強しておくのです。説明下手ですいませんが。

あると便利ですね。

竹内

上棟式しました@城南区七隈

福岡市城南区七隈で行われています新築住宅工事ですけれども、確認すれば基礎で終わってました。驚きました。

七隈は事務所の樋井川(城南区)、モデルハウスの鳥飼(城南区)とも同じ城南区で、距離も近く、かなりの多頻度で現場確認しています。

▲上棟して数日くらい

ここ最近はものすごいスピードで色々ありまして、平日も休日も色々と対応や仕事で忙しく過ごしております。一般の方の休日が打ち合わせですから、休日はないんですね。そんなものです。

ここ数ヶ月で、でんホームの人員を増やしています。今後も複数名増員していく予定ですが、一通りの仕事ができるまでに時間がかかりますから、なかなかに難しいものです。

▲上棟の記念

今日は上棟の儀式をしました。大工さんたちにも建主様より色々なお土産やお酒が贈られました。

▲木製サッシ

木製サッシはたしかに高級な窓なんですけれども、引き込まれるような魅力ある、素晴らしい窓です。

七隈の家は木製サッシに焼杉の外壁なので、楽しみです。色々とオリジナルで質の高いモノを使っているので、出来上がっていくのが楽しみですね。

竹内

基礎が完成。次に進みます@城南区七隈

2018年になったと思いましたら、もう2月ということで、本当にあっという間時間は過ぎ去るものですね。

城南区七隈の家も基礎工事が完了しました。

次の工事に進みます。

この基礎はベタ基礎と申しまして、ものすごいコンクリート量で固められている基礎になります。そのため頑丈です。

ここ2-30年で住宅建設の基準が変わりまして、大変丈夫なものに、しっかりしたものになるような方向性で国も動いています。

でんホームは当然として基準をクリアするような高級注文住宅ですから、グレードもよいです。

そのような感じで、なかなかによい建物を建築しています。

竹内

基礎工事中です@城南区七隈+工作@ウッドスクエア

基礎工事しています。

住宅の下にございますベースになる基礎です。

比較的一般的な感じで、ベースという底盤をコンクリート打設して、その後に立ち上がりをコンクリート打設するという二段階の作業になります。

確認ののちに城南区樋井川にある、でんホームオフィス(ウッドスクエア)に。

スタッフのために工作作業します。

余ったベニヤ(合板)。

こうやってカットして、組み立てますと、、、

こんな感じでノートパソコン作業台になります。オーダーメイドの高さも幅もスタッフご指定のサイズで作りました。

色々がんばってます。

竹内

事務所改装リフォーム工事してます@城南区樋井川(ウッドスクエア)

今をお伝えするブログなのですけれども、なかなかバタバタしてまして、今をお伝えできずにいます。

でんホームも最近はスタッフが増えてきておりまして、もう少しで多頻度で今をお伝えできるようになるのではないかと考えています。

さて、今日は城南区樋井川にあります、でんホームの事務所(ウッドスクエア2F)の改装リフォーム工事です。

壁を塗っています。左官仕上げです。ハーモニーウォールという漆喰仕上げです。

左官コテで塗ります。

基本的には来客用の応接エリアをきちんとするというテーマで、見えるところをキレイにリフォームです。

オフィス部分もありまして、レイアウト変更など、色々備品を追加しておりまして、スタッフ人数の増加に対応して色々増やしております。

仕上がりをぜひご確認いただきたいですね。

竹内(竹内左官)

ウォールナットフローリング工事@南区多賀

福岡市南区多賀にございますマンションにて、自然素材リフォーム工事をしています。

先日、5階までエレベーターなしの階段だけで10往復以上して納品しましたウォールナットフローリング。

そのウォールナットフローリング工事をしております。

こんな感じになります。

無垢のウォールナットフローリングで板厚は15ミリです。色付きのオイル塗装してありますので、ちょい渋め。

落ち着いた感じの雰囲気になります。

ウォールナットフローリング工事自体はもう少しかかります。

もちろん僕はしてません。大工さんがしてます。悪しからず。

竹内

フローリング資材搬入しました@南区多賀

福岡市南区多賀にございますマンションにて、自然素材リフォーム工事をしています。

今回はいささか大変でした。

内容を申し上げますと、、、

1.33kgのタイルを階段なし5階まで持って上がる。

2.しかも、2回。

3.重いフローリング材を30セット近くを2人で階段なし5階まで。

4.一人当たり10往復以上。

まさに苦行。

これがタイル。重いっす。

バシッと重さ33kgと表記。腰痛いっす。

フローリング材を納品。ウォールナットの樹種のフローリングですね。無垢フローリングです。オイル塗装済みの商品。

一枚出してみました。ウォールナットの無垢フローリングって、こんな感じですよ。

アップで見るとこんな感じ。

無垢フローリングを貼っていきます。

竹内

サッシ(窓枠)をアイアン塗料で鉄っぽい感じに@樋井川事務所トイレリフォーム工事

地味にちょいちょい進めております樋井川事務所のトイレリフォーム工事。

今日も午前中は重要な打ち合わせで、直近とこれからについて、色々進展ありました。

午後一でも打ち合わせで、来年明けてのプロジェクトについてのミーティング。いい感じです。

それで樋井川事務所に戻りまして、トイレリフォーム工事。

パテ処理を少ししました。

あとはサッシ(窓枠)をアイアン塗料で鉄っぽい感じにします。

元はこんな感じ。

ま、普通の古いアルミサッシですね。アルミ窓枠。

じゃじゃーん。

シュペンパンザー、です。

アイアン塗料と呼ばれていまして、アイアン(鉄)っぽい感じに塗れます。

一回目。

一回塗りだと下地が見えます。薄く塗るのがコツらしいです。すぐに乾いていくので、スピード感が大事ですね。

二回目。

二度塗りでこんな感じのアイアンテイスト。

普通の野暮ったいアルミサッシがアイアンテイストのいい感じに。

ビフォー

アフター

きっちり仕上げていきます。

他にも色々仕事あるんで、合間見つけて進めます。意外に忙しいんで。

竹内

アク止めシーラー処理@樋井川事務所トイレリフォーム工事

でんホームの樋井川事務所のトイレリフォーム工事です。和式を洋式にリフォーム。

一回あたりの仕事時間それほどないんですが、乾燥時間が発生するので、置いておく時間がかかります。何日も、ちょっとずつ。そんな工事です。実は一般的なんですが。

施工前。

今日はアク止めシーラー処理をします。

この上に漆喰で塗り壁にしますので、下地が木材系だとアクが出るんですね。それを止める処理です。

施工後。

あとは再度パテ処理してしまえば、漆喰の塗り壁下地工事は完了です。

さて、アク止めシーラー処理は下地が木材系(ここではベニヤ)なんで必要なのです。一般的な住宅だと下地は石膏ボードなので、このアク止めシーラー処理は不要です。一工程無駄に時間とお金をくっています。それは施工がしやすかったのと、壁に何でも取り付けられるようにしたかったのがあります。

通常は石膏ボード。ベニヤ合板だと割増ですね。

そんな感じで、後工程に進んでいきます。

竹内