木の家に住みたいと思った理由

突然ですが、私が木の家に住みたいと思った理由をお教えします。

木は自然界のものだから

飽きることがないから

体に良さそうだから

持ち物の趣味にあまり左右されなそうだから

癒されそうだから

温もりを感じるから

とまあ、こんなところです。

実際に木の良いところって、どうなのかなぁと思って調べてみたところ、こんなデータがありました。

下の図は空間と発育の関係を調べた実験です。

静岡大学で、木製・鉄製・コンクリート製の箱で、それぞれ飼育されたマウス(ネズミ)から生まれた子マウスの観察実験をしたところ、23日後の生存率は、木製の箱では85.1%でしたが、鉄製は41.0%、コンクリート製はわずか6.9%でした。

また、発育状況も、木製に比べて鉄製、コンクリート製はかなり劣っていたといいます。

私は実際鉄製の箱にも、コンクリート製の箱にも入ったことはありませんが(笑)、じーっとしてるならどの箱に入りますか?と問われたらなんとなく木箱を選びそうな気がします。

鉄のイメージ、コンクリートのイメージ…。

シュッとしてカッコいいですが、じーっとしているならやはり木の方がいいなと。

私は、なんといいましょうか、神社だとか、誰かの旧家だとか、木で作られている古い建物に入った時の「あの感じ」がとても好きです。

私は戸建てにも集合住宅にも住んできましたが、今の木の家が一番好きです!

好きさ加減を伝えるのはなかなか難しいですが、率直に住み心地がよい家です。

ナシロ

別府七丁目プロジェクト

是非ご覧ください!!

世界のTOTO

3月15日、お天気は曇りのち雨。

でんホームスタッフ一行は福岡県北九州市にあるTOTOミュージアムへと向かいました。

TOTOは2017年5月15日に創立100周年を迎えております。創立者大倉和親氏をはじめ、先人の志を今もなお受け継ぐ水回りの総合メーカーです。

トイレの便器のことを衛生陶器と呼ぶ?

そんなことから全てがわかるTOTOミュージアムです。

今回特別メニューとして、お風呂ランド体験入浴を実施していただきました。

ほっカラリ床、冬場は特にありがたいですね。シンラHX-G

ミュージアム展示物には国内に一点しか残されていないものもあり、会社の長い歴史を支えてきた製品の数々を網羅することができます。

中にはこんな面白いものも!

最後は隣接するTOTO小倉第一工場を見学させていただき、衛生陶器の製造過程を目の当たりに。

製品チェックの一つとしてハンマーによる打音検査があり、作業員が自ら木槌で製品を叩いて合格製品の澄んだ音とそうでない音の聞き分けを行うというもの。

「キーン、キーン」

よく聞いていなければわかりません。

神経使ってますよね!

ミュージアムからお土産もいただき、すっかりTOTOのファンになってしまいました。

わがやのトイレは、ネオレストです。

ナシロ

別府七丁目プロジェクト

お申込み受付中です!

別府(べふ)七丁目プロジェクト!

「べっぷ」と読みそうですが、福岡市内では、
「べふ」という地名があります。

でんホームの鳥飼モデルハウスの近くでもあります。

福岡市内、出来れば地下鉄沿線に家を建てたい。

でも、土地が高い・・・

そんな方向けに良い、土地があります。

別府七丁目プロジェクト

ちょこちょこ問い合わせが入っていますので、
お気軽にご相談いただければと思います。

最近スタッフの間でも、別府の話になると、
あのお店が良い、このお店が楽しいと話題になる、
地元民には人気の場所です。

個人的には、動物園や六本松、大濠公園などの
アクセスが良いので、いいなーと羨ましい土地です。

DCIM0482

大濠公園(スワンボートが楽しい季節になりました)

DCIM0487

福岡市動植物園(年パスがお得です)

土地が狭いのでは?という疑問は、ぜひ難しい土地のプランが
得意なでんさん(※でんホーム社長)にご相談くださいね。

ニシオ

『仕事の「生産性」はドイツ人に学べ』を読んで

DCIM04771月2月、個人的に仕事について色々考えることが多く、
ふと空港で手にした本。

主婦でも読みやすい良い本でした。専門的な理論とか図式がなかったからかもしれません。
購入してほとんど毎日読み返しています。

生産性という側面だけではなく、国の政策や、
文化としての価値観、ドイツの生活を感じる本としても
楽しめました。

私が考えていた事について、全てこれを読んで解決したわけでは、
もちろんありませんが、これを導入出来ればもっと良い会社になるかも、
というヒントは多くありました。

仕事は仕事で頑張る、プライベートは大いに楽しむ、
社内では私が一番できてそう?ですが、
そういう雰囲気の会社になるよう、お手伝い出来ればと思います。

あと、余談ですが、私は感化されやすいので、
読み終わってすぐ、窓掃除をしました。

ニシオ

内部木工事が進行中@城南区七隈

でんホームの今を伝えるブログコンセプトでありながら、今を伝えるメインの自分がまったく投稿できておりません。竹内です。

日々、現場に行ったり色々仕事したりと、なかなかに多忙な日々ですが、ブログ更新という仕事はサボっておりますので反省です。

城南区七隈にて進行中の新築一戸建て建築。

内部で大工さんが木工事しています。下地補強の仕事もあらかた終わりました。

なぜかたまたま下地補強材はヒノキの合板。ヒノキのいい香りがします。

この下地補強材はなぜ入るのか?それはこれがないと仕上がった後で、なにかを壁に取り付けることが難しいからです。

壁に絵をかけたい。花を飾りたい。棚をつけたい。重たいモノを壁にかけたい。

そうしますと、柱には重さを耐えられる取り付けできますが、それ以外は写真の通り空間なんですね。空間に取り付けるとなると石膏ボードで止まる重さが限界なんです。

それをクリアするために事前に補強しておくのです。説明下手ですいませんが。

あると便利ですね。

竹内

bbb hausへ行ってきました!

今週はお天気がいまいちです。
週末から晴れそうなので、今後のお天気に期待です。

S__98172930さて、先日グランドオープンしたての、
糸島のゲストハウス、bbb hausへ行ってきました!

S__98287618客室の見学、ランチコースをいただきました!

S__98263044でんホーム7期目キックオフも兼ねた、
ちょっと遠出&インテリアの勉強です。

配電盤を隠す設計に興奮するスタッフ、
「ミーレ!ミーレ!!」とスモールタイプのコンロに喜ぶ私、
「この椅子欲しいー!」と写真を撮る社長、
と、にぎやかに過ごしました。
(気さくに質問に答えてくださったスタッフさん、ありがとうございました!)

S__98197506

つい、床材とか聞いてしまうのですが、
こちらもスタッフさんがご存知で、本当に詳しいな~と驚きました。
部屋ごとに雰囲気や家具が違うのですが、それもしっかり把握されていて。

S__98271234昼食中は、新しい現場スタッフの紹介や、
もっと仕事を良くするためにどうしたら良いか、意見交換など。

また行こう!そして仕事を頑張ってあの椅子を手に入れよう!
と、心に誓って帰りました。

ニシオ

お昼ごはん!

DCIM0451

やっと風が落ち着いてきました。
今日は現場チームから送られてきた写真を見ながら、
進捗の勉強を少ししました。

 

DCIM0447

こちらは先日社長が作ってくれたお昼ごはん(野菜たっぷりおじや)です!
野菜とご飯が美味しい~

DCIM0450いちごも手頃になりましたね

お昼はつい食べすぎてしまうので、
腹八分目に、午後の仕事もペースよく
こなしていきたいです。

ニシオ

花見月!

DCIM0448あっという間に3月です。

春らしいお天気だったり、今日みたいな春の嵐だったり、
お天気が目まぐるしく変わります。

DCIM0449

菜の花は見頃ですね

DCIM0451

DCIM0447店先のお花も春らしく

今日のように風が強いと、通勤も大変で、
現場も大丈夫かな~と心配です。

ニシオ

雑誌の取材を受けました!

でんさん、雑誌の取材を受けるの巻です。

でんホームの生い立ち、多様な雇用形態、理想の住宅、今後の展望、建築業界の女性活躍について、などなど、真剣に語らせていただました。

取材の方の自然に会話しながら、真意を引き出す手法はさすがプロでいらっしゃいました!

取材の事前準備もバッチリで、ホームページをかなり読み込まれてこられたとの事。

次々とマニアックな質問が繰り出されます。

でんさん自身が驚くような答えを引き出してくれたと言うほど、記者の鏡のような方でした。

竹内さんも一緒に熱ーく語るの巻。

最後は写真撮影。

でんさんなかなか笑顔がでません(>_<)

撮影される時に、改めて笑顔って言われても難しいですよね。

お次は夫婦揃って撮影です。

今度は竹内さんが笑えません(>_<)

「いい感じの写真撮れてますねー」と話している、たぶん。

終始、和やかな雰囲気で取材&撮影が進みました。

新建ハウジング編集長の関様、長野県からはるばるお越しいただきありがとうございました!

竹内さんに後光が・・・。

ゆっぺ(三井)

上棟式しました@城南区七隈

福岡市城南区七隈で行われています新築住宅工事ですけれども、確認すれば基礎で終わってました。驚きました。

七隈は事務所の樋井川(城南区)、モデルハウスの鳥飼(城南区)とも同じ城南区で、距離も近く、かなりの多頻度で現場確認しています。

▲上棟して数日くらい

ここ最近はものすごいスピードで色々ありまして、平日も休日も色々と対応や仕事で忙しく過ごしております。一般の方の休日が打ち合わせですから、休日はないんですね。そんなものです。

ここ数ヶ月で、でんホームの人員を増やしています。今後も複数名増員していく予定ですが、一通りの仕事ができるまでに時間がかかりますから、なかなかに難しいものです。

▲上棟の記念

今日は上棟の儀式をしました。大工さんたちにも建主様より色々なお土産やお酒が贈られました。

▲木製サッシ

木製サッシはたしかに高級な窓なんですけれども、引き込まれるような魅力ある、素晴らしい窓です。

七隈の家は木製サッシに焼杉の外壁なので、楽しみです。色々とオリジナルで質の高いモノを使っているので、出来上がっていくのが楽しみですね。

竹内